| 職人のタレサイトに戻る |

 しょうが焼きで食べるのが基本です♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
②美味しい食べ方基本編


本日は画像でご紹介致します。
*画像拡大可能
IMGP1763.jpg

豚のロース薄切りを用意。
IMGP1765.jpg

小麦粉をバットに入れ豚のロースを両面塗します。
(小麦粉のつけ過ぎに注意)
IMGP1766.jpg

フライパンにサラダ油をひき加熱します。
そこへ豚ロースを入れ、両面焦げ目が付くまで焼き上げます。

IMGP1767.jpg

IMGP1768.jpg

IMGP1769.jpg

焦げ目が出来たら弱火にし、職人のタレをかけます。
IMGP1770.jpg

IMGP1771.jpg

タレが沸騰し、馴染んだら出来上がり。
焦がさないように注意して下さい。

IMGP1772.jpg

これでタレを肉を漬け込む事なく、濃厚な生姜焼きの完成です。
是非、この作り方で皆さんも試してみて下さい。
IMGP1774.jpg




スポンサーサイト



2007⁄07⁄18(Wed) 18:38   ★基本 生姜焼きの焼き方 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
①美味しい食べ方基本編


職人のタレ基本編。

店長お薦めの美味しい生姜焼きの作り方を紹介致します。

用意するもの
①豚ロース薄切り
②小麦粉
③サラダ油
職人のタレ

*フライパンに油を入れ熱します。
*予め小麦粉を両面塗した豚肉を両面焼きます。
*焼色が両面ついた時点で弱火にし、職人のタレを入れます。
*タップリ入れたタレが沸騰した時点で終了。

小麦粉を豚肉に塗す効果でタレがよく乗るんです♪
そのまま焼くとタレが肉に乗らずに下へ流れてしまうので、
大変効果あり。一度この作り方で今夜お試し下さい。
塩分多いな・・・と思われた方はタレを調整して下さい。

コツはタップリタレをかける事。
画像参照してくださいね。細切れ肉はあまりタレが乗らないので、
炒め終わったフライパンにタレだけ沸騰させ、お肉にかけると
よいでしょう。

生姜焼きは通常タレに小1時間漬け込みますが、職人のタレ
かけるだけで濃厚な生姜焼きが簡単に楽しめます。
DSC01561.jpg
*画像拡大可

http://www.shokunintare.com/





ジャンル:グルメ テーマ:ばんごはん

2007⁄07⁄13(Fri) 17:24   ★基本 生姜焼きの焼き方 | Comment(2) | Trackback(0) | ↑Top
本日オープン!


感無量であります!

いよいよ本日サイトオープンであります!
苦節2年(^^;; 色々ありましたが、このようなサイトで
営業できるのも皆様のお陰であります。
本当にありがとうございます。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

随時このBlogで最新の情報をお届けしてまいりますので、
是非また覗いてみて下さいね。
P5240002.jpg


http://www.shokunintare.com/





ジャンル:グルメ テーマ:これは美味い!!

2007⁄07⁄09(Mon) 09:00   生姜焼きのタレ | Comment(20) | Trackback(0) | ↑Top

リンク

プロフィール

タレを作る人:佐藤

Author:タレを作る人:佐藤
アメリカ西海岸のレストラン
"夢舎”
"Minato灯台レストラン"
でコックとして活躍後、95年に帰国。輸入業を営みながら秘伝のタレをコツコツと開発。友人に配るだけの規模の小さいものでしたが評判が評判を呼び、7月にネット販売を開始。


ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2007 職人のタレ しょうが焼き. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。